YouTubeも更新中!

本当に美味しい!!夏野菜のバターチキンカレーの作り方

夏野菜のバターチキンカレーの作り方をご紹介します。

市販のカレールーを使って「本当に美味しい」夏野菜のカレーを作るため、いくつかのポイントを押さえながら作ります。ポイント自体は手軽にできる上で、香り豊かで食欲がとても進むカレーに仕上がっていますので、ぜひ試してみて下さい。

 

夏野菜のバターチキンカレー

1 材料(3~4皿分)

★漬け込み
鶏もも肉 300g(1枚)
☆ヨーグルト 大さじ2
☆ウスターソース(or中濃ソース) 大さじ1
☆塩 小さじ1/4
☆おろしにんにく、おろししょうが 適量

★具材
カレールー 1/2パック
バター(orマーガリン) 大さじ1
玉ねぎ 2個
トマト 1個

お好みの夏野菜 オクラ・かぼちゃ・ナスなど
サラダ油 適量

水 (ふたをした状態の)表記-150ml(例:バーモントカレーは表記が750mlのため、600ml使用)

 

2 作り方

★仕込み
① 鶏もも肉を漬け込む。鶏もも肉を一口大に切ってジップロック等に入れ、☆を加えて15~30分漬け込む。

② トマトの皮を剥く(レンジで剥く場合は、8つに切れ込みを入れたあと500wで約2分温める)。玉ねぎは薄くスライスする。

 

★調理
③ フライパンにバターを入れ火にかける。玉ねぎを加え、色が変わるまで弱火で炒める。その後①の鶏もも肉を加えさらに炒める。

④ トマトを加え、汁気が出るまで5分ほど煮詰める。トマトの汁気が出てきたら水を加え、ふたをして弱火で10ほど煮詰める。

⑤ 一度火を止め、カレールーを溶かしたあと弱火でひと煮立ちさせる。お好みの夏野菜を薄切りにしてフライパンで焼き、カレーに添えて頂く。

 

※ 夏野菜は、④の材料を煮ている間に準備をすると時短になります!

 

 

3 YouTubeの料理動画でご紹介

 

※ ポイント解説に加え、料理を流れでご紹介しているため、「見てすぐに作りやすい」内容になっています!

 

4 レシピのポイント

今回は市販のカレールーを使って本格的な夏野菜カレーを作るため、3つのポイントを押さえます。特別な材料を使わず、手軽にできるポイントになっていますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

まず1つ目のポイントとして、ソース・ヨーグルトで鶏もも肉を漬けこみます。

ソースはスパイスや野菜のコクが含まれているため、別途カレー粉やスパイス(クローブやコリアンダーなど)を用意せずに本格的な味を出すことができます。

 

ちなみに、、、

漬け込み時間は、他の工程を進めているあいだに時間が経つため、実質的な待ち時間はほぼありません!(笑)

 

2つめのポイントとして、多めのバターを使用します。

また、今回はフライパンで炒める⇒煮るまで一連で行います。 フライパンひとつで行うことで、玉ねぎやバターのうま味を逃がさない・調理を簡単にするといったメリットがあります。

 

3つ目のポイントとして、生トマトを使い、ひと煮立ちさせます。

あえてトマトの汁気を出すことで、トマト出汁のような味のアクセント・うま味を出します。

 

【まとめ】
① ソース・ヨーグルトで漬ける
② たっぷりのバター
③ 生トマトをひと煮立ち

 

これらのポイントを押さえることで、ソース・バター・トマトの香りが引き立ち、市販のカレールーで美味しい味の変化を楽しむことができます!

 

トマトやソースの酸味が少しさっぱりとしたアクセントになるため、夏野菜との相性も抜群です!ぜひお試しあれ!

 

夏野菜のバターチキンカレー まとめ

① ソース・ヨーグルトで漬ける
② たっぷりのバター
③ 生トマトをひと煮立ち

+α フライパンで「炒める⇒煮る」

 

今回は、夏野菜のバターチキンカレーの作り方をご紹介しました。

特別な材料なしでコク・香りを味わうことができる、本当に美味しい(個人の意見です!)レシピに仕上がりました。フライパンひとつで洗い物や準備も簡単と、実践(?)的な意味でも夏にぴったりなレシピですので、ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です